Magazine

展覧会
23/6/17

6月23日から21_21 DESIGN SIGHTではじまる企画展「そこまでやるか 壮大なプロジェクト展」の内覧会に行ってきました。展覧会ディレクターは建築やデザイン、アートなど幅広い分野に精通するライターでエディターの青野尚子。会場構成は成瀬・猪熊建築設計事務所。 Neoplus Sixten Inc.


住宅
20/6/17

大久保博夫/CHOP+ARCHI建築設計事務所が手がけた世田谷区「上馬の家」を内覧してきました。 Neoplus Sixten Inc.


展覧会
16/6/17

6月16日から開催の「TOKYO ART CITY by NAKED(トーキョーアートシティ バイ ネイキッド)」の内覧会に行ってきました。会場は東京ドームシティGallery AaMo。 Neoplus Sixten Inc.


オフィス
12/6/17

虎尾亮太/虎尾+謝建築設計が手掛けた複合施設「NIBUNNO(ニブンノ)」の内覧会に行ってきました。場所は東京・麻布十番。自動車部品倉庫だったビルを、宿泊施設を中心とした複合施設にコンバージョンした。企画・運営は日本に拠点を構える台湾のデザイン事務所BXG株式会社。テーマは「泊まれるギャラリー」。全館にわたり、日台をつなぐクリエイティブ拠点としてオリジナルのアート作品を常設する。虎尾さんは10年間務めた隈研吾建築都市設計事務所から独立し、7月から日本と台湾の2拠点で本格的に活動を始める。本施設が独立後初のプロジェクトだ。 Neoplus Sixten Inc.


住宅
12/6/17

渋谷の新たな複合施設「渋谷キャスト(SHIBUYA CAST.)」(シブヤの日4月28日に開業)。場所は渋谷駅から明治通りを原宿方面にいったキャットストリートの入口、宮下町アパートの跡地。 Neoplus Sixten Inc.


オフィス
9/6/17

浜田晶則建築設計事務所が手がけた、神奈川県綾瀬市にある電子基板製造企業のオフィス+マルチスペース「綾瀬の基板工場」を内覧してきました。浜田さんはteamLab Architectsのパートナーでもある。普段から様々なプロジェクトでこちらの企業から基板を供給してもらっており、その関係で声がかかったという。平行して運営する自身の設計事務所として、今回初の建築が完成したかたちだ。 Neoplus Sixten Inc.


オフィス
1/6/17

小嶋一浩+赤松佳珠子/CAt(シーラカンス アンド アソシエイツ)による渋谷区の複合ビル「恵比寿SAビル」と入居するCAtのオフィス。恵比寿駅から徒歩数分の駒沢通りに面した場所。 Neoplus Sixten Inc.


複合施設
26/5/17

5月26日にオープンするコクヨ直営の複合施設「THINK OF THINGS(シンク オブ シングス)」の内覧会に行ってきました。場所は千駄ヶ谷、JR原宿駅竹下口より徒歩3分。 Neoplus Sixten Inc.


イベント
24/5/17

5月22日、2017年プリツカー賞受賞者であるラファエル・アランダ、カルメ・ピジェム、ラモン・ヴィラルタ(RCRアーキテクツ)の3人が、東京大学安田講堂にて受賞記念講演を行った。 Neoplus Sixten Inc.


公共施設
7/5/17

成瀬・猪熊建築設計事務所が外装デザインを手掛けた世田谷区の商業施設「キュープラザ二子玉川」の内覧会に行ってきました。(4月28日開業)「キュープラザ二子玉川」は東急不動産が原宿、恵比寿、心斎橋で展開している都市型商業施設「キュープラザ」ブランドの4店舗目。基本設計は東急設計コンサルタント、実施設計・施工は奥村組が担当した。 Neoplus Sixten Inc.


展覧会
21/4/17

4月19日から開催の「坂茂:プロジェクツ・イン・プログレス」のプレス内覧会に行ってきました。ギャラ間での坂さんの展覧会は1999年以来、18年振り2回目だ。今回の展示ではタイトル通り全て「現在進行中」のプロジェクト10作品をプロセスや、構造・ディテールのモックアップを使って紹介する。Exhibition [Shigeru Ban: Projects in Progress] Tokyo. Neoplus Sixten Inc.


オフィス
18/4/17

谷尻誠 + 吉田愛/サポーズデザインオフィスの新東京事務所「社食堂」のオープニングレセプションに行ってきました。「社食堂」とはスペース名で、社員食堂であり、一般の客が利用できるレストラン&カフェでもある。さらにサポーズの新規事業「絶景不動産」、写真家 若木信吾の事務所兼ギャラリー「YoungtreePress」も同居する。場所は渋谷区大山町。小田急 代々木上原駅から徒歩7分ほど。 Neoplus Sixten Inc.


商業施設
15/4/17

銀座の複合商業施設「GINZA SIX|ギンザ シックス」の内覧会に行って来ました。グランドオープンは4月20日。 Neoplus Sixten Inc.


展覧会
13/4/17

汐留ミュージアムで開催が始まった展覧会「日本、家の列島 ―フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザイン―」に行って来ました。会場構成はみかんぐみ。 Neoplus Sixten Inc.


展覧会
11/4/17

東京オペラシティアートギャラリーで4月8日から開催の「片山正通的百科全書 Life is hard... Let's go shopping.」に行ってきました。本展は、インテリアデザイナーの片山正通さんが収集してきたコレクションを、美術館という場にいかにディスプレイするかを通して、その関心の所在やクリエイションの本質を探ろうとするもの。タイトルの"Life is hard... Let's go... Neoplus Sixten Inc.


複合施設
10/4/17

高野洋平+森田祥子/MARU。architectureによる大田区の「二重窓の集合住宅」を見学してきました。東急大井町線 北千束駅から5分程の場所。 Neoplus Sixten Inc.


住宅
4/4/17

長崎辰哉(アトリエハレトケ)による我孫子の住宅「眺望の段床」を見学してきました。JR常磐線 我孫子駅から15分程の住宅地。 Neoplus Sixten Inc.


展覧会
29/3/17

佐藤オオキ率いるnendoが会場デザインを手がけた、草月創流90周年を記念した第四代家元 勅使河原茜の個展「HANA SO」のプレスプレビューに行って来ました。 Neoplus Sixten Inc.


住宅
26/3/17

石井秀樹(石井秀樹建築設計事務所)による鎌倉の自邸「雪ノ下の家」を見学してきました。鶴岡八幡宮を囲む小山に通る路地を少し登った場所。 Neoplus Sixten Inc.


展覧会
17/3/17

3月17日~19日まで横浜のBankART Studio NYKで開催の「初出展01」、横浜国立大学「卒業設計展」、「都市イノベーション学府展 – 横浜大改造計画」に行ってきました。学部、大学院、プロの3ステージの建築模型を同時に見られる機会だ。 Neoplus Sixten Inc.


住宅
14/3/17

浅利幸男(ラブアーキテクチャー)が手掛けた集合住宅「神楽坂薫木荘(Kagurazaka Kunbokuso)」。ランドスケープは長崎剛志(N-tree)が担当した。東西線 神楽坂駅から数分の場所。 Yukio Asari, Takeshi Nagasaki


住宅
14/3/17

浅利幸男(ラブアーキテクチャー)が手掛けた集合住宅「神楽坂薫木荘(Kagurazaka Kunbokuso)」を内覧してきました。東西線 神楽坂駅から数分の場所。 Neoplus Sixten Inc.


ニュース
2/3/17

プリツカー建築賞日本広報事務局よりオフィシャルリリースより。(今年の授賞式は2017年5月20日、東京都港区の迎賓館赤坂離宮で執り行なわれます)========================================2017年プリツカー建築賞 受賞者発表ラファエル・アランダ、カルメ・ピジェム、ラモン・ヴィラルタの3氏が受賞~景観と建築の一体化を実現し、場所・時間と密接につながった建物を創造~ Neoplus Sixten Inc.


住宅
1/3/17

彦根明(彦根建築設計事務所)が手掛けた鎌倉の住宅「SKH」を見学してきました。 Neoplus Sixten Inc.


住宅
20/2/17

永山祐子建築設計による港区の「西麻布の住宅」を見学してきました。都心の住宅地、60代夫婦の住まい。 Neoplus Sixten Inc.


住宅
9/2/17

黒崎敏(APOLLO一級建築士事務所)が手掛けた住宅「GRID」を見学してきました。50代のご夫婦と子供1人が住まう家。 Neoplus Sixten Inc.


住宅
5/2/17

西澤徹夫(西澤徹夫建築事務所)によるマンションリノベーション「907号室の場合」を見学してきました。施主は住宅メーカーに籍をおく大島滋さんで、本ブログの読者にはご存じの方も多いだろう。築35年、25階建てマンションの9階、88m2の改修だ。プロデュース:ミサワホームAプロジェクト Neoplus Sixten Inc.


住宅
2/2/17

藤原徹平(フジワラテッペイアーキテクツラボ)によるコーポラティブハウス「代々木テラス」を見学してきました。9住戸からなる長屋形式の集合住宅で、建築設計をフジワラボが手掛け、インフィル設計をフジワラボ、針谷將史建築設計事務所、本瀬齋田建築設計事務所の3社で3住戸ずつ担当した。プロデュースはアーキネット。(新建築2017年2月号掲載作品) Neoplus Sixten Inc.


展覧会
27/1/17

高野洋平+森田祥子の「MARU。architectureの宇宙展 ―思考のはじまりとつながり―」に行ってきました。会場は東京 南青山のプリズミックギャラリー。 Neoplus Sixten Inc.


展覧会
25/1/17

1月10日から開催の「新しい建築の楽しさ 2016:後期展」に行ってきました。会場は東京・京橋のAGC studio。この後期展には大西麻貴+百田有希、高野洋平+森田祥子、山﨑健太郎、馬場兼伸、伊藤立平、落合正行の6作品が出展されている。前期展では神本豊秋、小川博央、能作淳平、岩瀬諒子、山岸綾、蘆田暢人が出展した。会場構成はバンバ タカユキ。企画は中崎隆司。 Neoplus Sixten Inc.


展覧会
23/1/17

TOTOギャラリー・間で1月20日から開催の「堀部安嗣展 建築の居場所」のプレス内覧会に行ってきました。Exhibition [Yasushi Horibe: A Human Space for Architecture] Neoplus Sixten Inc.


住宅
20/1/17

篠原聡子+金子太亮/空間研究所による鎌倉の長屋「SASU・KE」を見学してきました。(2017年3月)敷地は鎌倉駅から10分程の住宅地。鎌倉ではよくある山に囲まれた谷筋の坂を上っていく。「SASU・KE」は土地の名前であると同時に「KE」は「家」の意味を持つ。 Neoplus Sixten Inc.


住宅
18/1/17

猿田仁視(CUBO Design Architect)による東京 三鷹市のアトリエ兼住宅「cocoon」を見学してきました。京王井の頭線・三鷹台駅から10分程の住宅地。 Neoplus Sixten Inc.


住宅
10/1/17

保坂猛建築都市設計事務所による台東区の住宅「窓辺のバルコニー」を見学してきました。敷地は常磐線・日比谷線 南千住駅から10数分、商店や住宅が混在する下町。 Neoplus Sixten Inc.


住宅
28/12/16

中川エリカ(中川エリカ建築設計事務所)による静岡県熱海市の住宅「桃山ハウス」。オンデザインから独立後、中川さんの新築デビュー作となる。 Erika Nakagawa, Neoplus Sixten Inc.


住宅
20/12/16

浅利幸男/ラブアーキテクチャーによる文京区の「本駒込の家」のオープンハウスに行ってきました。2014年に亡くなった黒沢隆による設計で1972年に竣工した住宅のフルリノベーション。 Yukio Asari / Love Architecture, Neoplus Sixten Inc.


Página 9 of 14 Páginas