本庄の医院・住宅

Aisaka Architects Atelier
9. 2月 2023
All photos by Neoplus Sixten Inc.
地元のかかりつけ医として長年親しまれてきた医院は、地域で必要とされる医療の変化に対応していくことが必要となった。
白一色だった外壁は、ブロックが組み合わさるようなボリュームを活かして濃淡の異なるモノトーンで塗り分け、リズミカルな印象を与える外観となった。
既存状態南側。左奥の四角いボリュームは、先代院長と、若い現院長・副院長が暮らした2層の住居部で、医院とは切り離されて生活できるようになっていた。
(Photo: 相坂研介設計アトリエ)
今回の改修で、この住居部分の1階を訪問介護ステーションとし、2階を移動してきた手術室や役員室などとし、移動した手術室のスペースに病室を増設した。
そして敷地奥に先代院長の住居兼、宿直室の建物を新築した。
まず住宅棟を紹介。
背後が崖になっていること、河川氾濫リスクのある地域であることなどから1階はRC造とし、2階は軽やかな木造となる。また外観はあまり住宅然とはせず、医院の延長にあるような佇まいとした。
玄関も目立たないようにインナーガレージの左右奥にある。
住居用の玄関。バリアフリーのため段差がなく、筆者の右横にはエレベーターが備わる。正面は院長と副院長の宿直室。(息子である院長と副院長は別に住居がある)
棟の反対側にもう一つ宿直室があるが、廊下の途中で仕切ることができる。
もう一つの宿直室はパートタイム当直医などが利用する3名分のスペースがある。
2階は相坂さんには珍しい木造現し。ここは先代院長夫妻の終の棲家であることや、駐車場から見える天井が、木で温もりのある表情がより良いという判断だ。
南東と北西に掃き出しの大開口。開口面に5本ずつの柱、両サイドのコアと妻面に耐力壁を設けることで、明るく壁のない開放的なLDKとなる。
垂木2枚合わせの船底天井が印象的だ。
キッチンとその後ろが耐力コア。
コアの中は水回りとウォークインクローゼット、そして寝室と回遊式の動線で連続する。今後もし車椅子となっても使い勝手が良くなるように計画されている。
主寝室。
バルコニーを介して裏庭に出られる。
施工時の残土を利用してマウンドをつくり、起伏のある庭となっている。
医院既存状態北側。
(Photo: 相坂研介設計アトリエ)
大きな改修は前述の住居部分のコンバージョンと、北側にエレベーターを設置したことだ。救急車が横付けし、ストレッチャーの出入りができる。
左が既存で、右が改修。病院としての機能を増やしたことで、外来や見舞いのエントランス、救急・ストレッチャー、調理室、感染者、介護スタッフ、介護利用者の各エントランスと動線の整理、そして必要な機能の配置。それらが複雑なパズルのようであり、如何に手数を少なく解いていくかが鍵となったという。
また施工中に医療を止めることができないので、工程を入念に計画した輪転改修とする必要があった。工程的には初めに住居だった1階に介護施設をつくり、2階住居部に一時的にナースステーションを移動させて、隣に手術室、北側にエレベーター棟をつくる。それらができたら新しいナースステーションと病室をつくる、といった順であった。
(Drawing: 相坂研介設計アトリエ)
エントランスからすぐの待合室。大きな改修はないが、天井を少し折り上げ、間接照明で雰囲気を変えた。この待合室を工事してる間は、新設のエレベーター棟側から出入りした。
1階。診察室や検査室、処置室などが並ぶ。
相坂さんが携わる以前に診察室など一部は既に改修されていたため、その部分に合わせるように色彩を計画した。
2階。ナースステーションを中心に、大小10の病室に19床という規模。
こちらはダークな色を使い落ち着いた雰囲気にした。
新設したエレベーター棟。1階で右手からストレッチャーがエレベーターに乗り、2階で出やすいように角度が付けられている。
1階も2階も利用者やスタッフからは「とても使いやすくなった」と高評価を得ているそうだ。
今回建築家の仕事としては、空間がどれだけ変わったかという新規性ではなく、地方の医療を支える現場と地域をどれだけ繋ぎとめるかという親和性を求められたと言えるだろう。
相坂研介さんと、担当の益子直也さん。
「医院には、これからも地域を守っていこうとする院長親子の優しさを表し、住宅には、その親子を労える快適さを実現するよう努めました。」と相坂さん。
【本庄の医院・住宅】
設計・監理:相坂研介設計アトリエ/相坂研介、牧野紘可、益子直也
構造設計:坂田涼太郎構造設計事務所
施工:竹並建設

医院
敷地面積:1782.84 ㎡
建築面積:506.96 ㎡
延床面積:935.38 ㎡
構造:RC造

住宅
敷地面積:999.45 ㎡
建築面積:139.06 ㎡
延床面積:233.43 ㎡
規模:地上2階 
構造:RC造+木造

Posted by Neoplus Sixten Inc.

このカテゴリ内の他の記事

ZONE
1 week ago
i-Ap
1 month ago
霰窓の家
2 month ago
蓮山居
2 month ago