UMBER

千葉県、大網白里市
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Photo © Masao Nishikawa
Arquitectos
APOLLO / 黒崎敏
Localização
千葉県、大網白里市
Ano
2018

母の家に隣接する敷地を利用して作られた息子夫婦の家であり、母は自宅と息子夫婦の家を行き来しながら、好きな場所で過ごすことができる、新しいかたちの二世帯住宅。

シンプルな外観は黒いガルバリウム鋼鈑で覆われ、ノスタルジーを感じる路地奥のようなアプローチから玄関を入るとまず現れるのがコの字型平面中央にある大きな中庭だ。玄関横奥には母の寝室を、その手前には客間やセカンドリビングとしても利用ができるオープンな和室を設け、いずれも中庭の景色を堪能できる。玄関を挟んで反対側にはサニタリールームを設え、物干しを兼ねたバスコートから光が取り込めるバスルームも開放的だ。

デッキ敷き大きなテラスとした中庭にはシンボルツリーが植えられ、LDKと正対している。普段から本格的な料理を行うご主人のために設えたフルオーダーキッチンは、オープンスタイルなプロ仕様とし、バックスペースには多くの食材ストックできるパントリーエリも準備されているため使いやすい。LDKには壁面収納を統一することでモノを見せない工夫をし、上部トップライトからの自然光が、ダークブラウンで統一した室内に力強いコントラストを生み出している。

リビングを奥に進むと子供室と主寝室で、母の部屋や和室と中庭を挟んで向かい合うようにレイアウトした。LDKを中心にどの部屋からも中庭の景色を堪能でき、家族の気配を感じられる。その一体感こそがUMBERの特徴であろう。

Projetos relacionados

  • Shanghai Suhe MixC World
    KOKAISTUDIOS
  • Welcome to the Stage!
    Kjellander Sjöberg
  • Hovering Kan-Too – Great Bay Area Center Showroom
    Wutopia Lab
  • Stockwell-Rodríguez Residence
    Belmont Freeman Architects
  • Haunsbergstraße | 1. Preis
    Architektinnen Schremmer.Jell ZT GmbH

Revista

Outros projetos por APOLLO / 黒崎敏

INFINITY
沖縄県国頭村
TIMELESS
東京都
ACRO
千葉
PATIO
神奈川
GRIGIO
東京